問題解決ー情報

少子高齢化の問題解決をするための情報掲載サイト

児童の被害・児童虐待

いじめの増加

参考記事

いじめが過去最大数となっていると言う記事。児童虐待件数も年々増加している現代において、子供への負担比重が年々増加傾向にあると考えられる。それも、低年齢化がいじめで目立つと言うことになれば、すでに児童レベルで負担だ。

子供のいじめの背景には親の教育不足が存在する。子供は親と一緒に過ごすため、親の言葉使いなどが、そのまま子供の言葉使いへと移ると考えられる。さらに、行動や言動も含めて、全部そうであろう。

そして、親の教育と言うのは、基本的には、子供は何をするわけでもなく、親の状態と社会の状態を照らし合わせながら学んでいく。そして、余裕のなさが、子供へ軋轢な態度へと進行していく。

特に、余裕のなさは、経済的なものからくるものが大半であろうと考えられるため、いじめが増加し、過去最大数にあると言うことは、経済的に大変な家庭数と比例関係にあるとも考えられる。

今まで、子供のいじめなどが取り上げられなかったのは、景気が良い時代だったからと言うこと。そして、それ以前の場合は、地域コミュニティが存在していたために、子供を地域全体で見る空気が存在していたことだろうかと思う。

つまり、今は、地域コミュニティが喪失して、経済発展をしていき、その経済発展が失った状態であり、両方共支えるものがないために、いじめが増加していると考えられる。

これを解決するためには、地域コミュニティを復活させること、そして、経済的に豊かになるように経済を整えていくことが課題になっていく。前者は地域NPOが主体となり、後者は個人で働くものが主体になるといいかとは思う。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です