問題解決ー情報

少子高齢化の問題解決をするための情報掲載サイト

少子高齢化社会 高齢化率

70歳以上の認知症対策 -2025年目標について

参考記事1

参考記事2

2025年には団塊世代が75歳になると言われている。そのため、認知症高齢者が増加すると考えられている。そのため、対策を講じるわけであるが、政府はあくまでも目標を打ち出し、方向性を見つけ出すことに過ぎないだろう。

問題は、1人1人がどのようにして生活をして、社会と関わっていくかと言うことだ。高齢者世代になるまでに時間がある世代にとっては、すでに働き方から、生活の仕方までを考えるきっかけにはなるかとは思う。

とにかく、今までの日本の歴史の中で、高齢者が増加して、社会問題になってしまうほどの状況と言うことはなかったと言える。そのため、1人1人が健康に配慮して生活を送っていくこと以外に、策はほとんどないとも言えるだろう。

その健康の定義、実現性、何をしたら効果的なのか。と言うことを含めて、活動や行動、習慣が社会的に認知されていくことも大事なことだ。どうすれば健康になるのかと言うことが不透明なら、解明していく必要性がある。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です