問題解決ー情報

少子高齢化の問題解決をするための情報掲載サイト

少子高齢化社会 高齢化率

認知症の行方不明者の届け出の人数

参考記事

2012年以降過去最多とされていて、2018年の統計と想定される。人数は 1万6927人 であり、その年度中に所在を確認できなかったのが 197人 とされている。

2025年には団塊世代が全員75才以上になると見られている。よって、高齢者数と認知症高齢者が比例関係の比率となる時、今後、高齢者数が増加する間は、認知症高齢者数も増加することになる。

また、認知症高齢者数と認知症などを含む行方不明者が比例する時、高齢者の数が増えれば、認知症高齢者が増加し、行方不明となる認知症高齢者の数も増えると考えられてくる。